植林によるカーボンオフセット活動を開始

飛行機移動量17.9t+バイク走行3.3t=総排出量:21.2t 植林本数:85本

2009年MotoGP世界選手権250ccクラス参戦に伴うオートバイでの走行、及びその遠征等で利用する航空機での移動で発生するCO2を、植林によって100%オフセット(相殺)し、CO2削減と地球温暖化防止に貢献していきます。
本カーボンオフセットは「京都議定書」において認められたCDM(クリーン開発メカニズム)によるものではなく、海外における新規植林を中国現地政府と共同実施することにより炭素固定化を図る取組みです。

 

植林地は中華人民共和国蒙古自治区鳥蘭察布市です。カーボンフリーコンサルティング株式会社様が、場所と樹木の管理を中国現地政府とともに30年間にわたって行います。
オフセットされるCO2排出量は約21トンで、カラマツ85本が植林されます。

青山博一の植林イメージ
青山博一 バイクイメージ

青山博一コメント

「モータースポーツが燃費向上や排出ガスのクリーン化など環境技術発展に果たしてきた役割は小さくありませんが、自分はもっと直接的な環境保全活動ができないかと考えていました。そんなとき、カーボンフリーコンサルティング株式会社の活動を知りました。これからは環境保全に取組みながらレースを続けます。植林によるカーボンオフセット活動をファンの皆様やモータースポーツ界に広める役割も担っていきたいと思います。」

チェコ・グランプリから、レーシングスーツの右腕部に「CARBON OFF SET」と記されたワッペンが装着されました。
青山博一プロフィール写真
 
 
「青山博一の森」植林認定書
「青山博一の森」植林認定書
 

カーボンオフセットとは?

人間の日常生活や経済活動を通して排出されたCO2(二酸化炭素)などの温室効果ガスを、植林を行ったり、クリーンエネルギー事業へ投資することによって、オフセット(相殺)することです。

森林イメージ森林イメージ
 
当ホームページに掲載されている画像などについての、無断転用・無断転載をお断りいたします。
Copyright (c) www.hiro-aoyama.com